癌との闘いと医療について - 食道癌闘病記と患者側からの一私見

注目!! 節電対策-エアコンの工夫 new いざという時のために! arrow 防災グッズピックアップ new 原発 & 放射能情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.09/05(Fri)

18. GREY'S ANATOMY 

久しぶりの書込みです・・・・・

このところエアコンを切っていられる時間が長くなり、ずいぶんしのぎやすくなってきた。

このブログのサイドメニューに「食道癌関連書籍」を設けているが、Amazon の新システム「くるくるウィジェット」に変えてみた。

自分でくるくる回して遊んでるだけかしれないが・・・。
ただ、本のチョイスについてはそれなりに考えたつもりで、自分でほとんど取り寄せて読んだものから選択させていただいたつもりだ。
(中には専門家向けの難解な書籍もあるが、代替療法のおまじないのような記事ばかりのインチキ本よりは、参考になることもあると思っている。)
食道癌に限らない本の中にも、是非ご紹介したい癌関係の書籍も何冊かあるので、また「くるくるウィジェット」の中に入れておこうと思っている。

さて、このところ、私はアメリカの連続TVドラマシリーズ「GREY'S ANATOMY」にはまっている。
米国では既に、シーズン4を放映中のようであるが日本では現在、シーズン3のDVDがリリースされており、まとめ借りしては夜更かしして観ているのだ。

ご存じない方のために、若干このドラマについて引用説明させていただくと、

『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(Grey's Anatomy) は、アメリカ合衆国・ABCテレビで放送されているテレビドラマである。
シアトルの大病院を舞台に、外科インターンとして働く主人公たちの仕事と成長、そして恋愛を描いた青春医療ドラマ。
主人公のメレディス・グレイを中心に物語は、展開していく。

という娯楽ドラマである。

アテンディングと呼ばれる指導医やレジデント(研修医)、インターンたちが患者も巻き添えにしながら日本ではありえないだろうと思えるようなHで笑えるシーンも多くありそれだけでも充分楽しめるのだが、なかなか、このドラマは侮れないのだ。

劇中、医学用語は頻繁に出てくるし、手術のシーンはリアル(?)そのもので、しっかりストーリーを追いかけようとすると観ていて気をぬける場面があまりないシリアスな医療ドラマとしても仕上がっている。

久しぶりの投稿で、このドラマのことを取り上げたのは先日観たエピソードが初めて食道癌を扱っていたからだ。

あらすじは、次のようなものである。

主人公のインターン仲間の父親が、心臓病で入院、検査で食道癌が見つかり心臓手術が先行して行われる。
弁置換手術はうまくいったのだが、食道癌は既に広範囲に転移しており主治医は放射線と抗癌剤の治療を勧める。
しかし、患者本人は手術を強く希望したので外科部長は彼の息子(インターン)には転移の事実を知らせずに、手術に踏み切るが当然の事ながら根治術が行えるはずも無く、患者はしばらくして多臓器不全で亡くなるという顛末であった。
患者の息子は、無意味な手術を行った部長を激しく責めるが、
患者自身の「癌を切り取り、除いてやっつけてくれ、闘わずには死ねない」というたっての希望だったのだと部長は言うのみであった・・・。


この外科部長の判断は、日本では、あまり一般的では無いどころか許されないものだろう。
(治らないであろうと考えられる)無意味な手術など、通常行われないと思うからだ。
終末期の姑息治療として放射線と抗癌剤が使われるのが普通ではないだろうか。

患者の希望が「無治療」であれば、日本でもその通りになるだろうが、尊厳ある最後の生き方(或いは死に方)に関わる処置を、(たとえ無意味な)手術も含めて自由には選べない(希望できない)ということも医療の現実問題として横たわっているのだと思う。

どの選択が正しいのか、それは最終的には人それぞれの価値観にもよるのだろうし、今の私にはまだ答えが見出せないでいる。

ところで、私は、昔から医療ドラマは好きな方で、「白い巨塔」は30年前の田宮二郎主演と最近の唐沢寿明主演のものはかかさず観ていたし、米国ドラマの「ER」や日本の「医龍」等々、今はドクターヘリが登場する「コードブルー」といったところをチェックして観ている。

「白い巨塔」は主役の財前教授が食道癌の名外科医といった設定だったので、DVDで再度観たものだ。

こうしたドラマの場合、以前、ケン三郎先生が食道癌のブログでも書かれていたが、例えば、「医龍」のストーリーの中で、ドラマ性を出すために食道癌の大動脈浸潤出血の非現実的な手術を成功裏に描いていたりすることが往々にしてあるが、それでもどうしても観てしまう自分がいるのである。

医師役の俳優が演技するメス捌きをじっと凝視してしまう自分がいるのである。
スポンサーサイト

テーマ : ガン治療 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

EDIT  |  09:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2009.09/03(Thu)

24. ブログの行方 

久しぶりの投稿です。


昨日、食道がんではなく胃がんの診断を受けた方からこのブログにコメントを頂いた。

これから、順天堂のK教授にご相談されることや梅澤先生のセカンドオピニオンを受けられるご予定などについて書かれていて、ご両者ともRURUがお世話になった病院と先生でもあったので、参考意見を求めて来られたのだろうと理解したのだが、正直言って、驚いてしまった。

というのも、関連リンクにある皆さんのブログには時々お邪魔して拝読しているのだが、この数ヶ月仕事にかまけて、このブログには投稿もせずコメントも無かったこともあって訪れる方もあまりいないだろうと勝手に思い込み、ブログに対する意識も遠くなっていたからだ。
自分のブログから遠ざかっていたのには、RURUがいなくなって1年と4ヶ月近く経つ今、食道がんに関して書く話題がなかなか見つからないという理由もある。

しかし、コメントを寄せてこられた方は梅澤先生のブログからのリンクでここにアクセスされたとのこと。
当たり前のことだが、サイトをオープンしている以上、筆者の意識があろうが無かろうが、ブログは常にアクティブなんだと実感した。

また、アクセスを調べてみるとこの数ヶ月新しい記事が無くても1日40~50人以上の方々がコンスタントに来られているようなので、インターネットが自分の仕事の分野でありながら、あらためてその潜在力と影響力を思い知らされることになったのだ。

同時に、3年前の私がそうであったようにまさに今この時にも、食道がんについて何か情報を求めて検索エンジンやネットサーフを頼りに必死になっておられる方々が相当数いる現実、またそれはこれからも永遠に続くことなのだろうと思うと、これまで書き綴ったことが果たしてそうした方々の参考になるのか、あるいは逆効果になりはしないかなどと不安にも思えてきた。

以前、関連リンクに掲載させて頂いているkuwachannが、このブログは食道がんのコミュニティーのようになっていると書いて下さったことを思い出したのだが、やはり、がんとの闘いは患者や家族にとってある種の情報戦だと思うのである。


このブログの関連リンクには新しくサイトを追加していなかったが、RURUの闘病中にネットで調べまくり素人目ではあるが患者と家族の視点で選んだサイトばかりなので、これらのリンク先の情報だけでもある程度は武器になると思う。
しかし、どなたか他にも参考になるサイトを見つけられたらお知らせ頂きたい。

ネット上に溢れる情報は膨大な量で真に役に立つ情報に出会うのに相当なエネルギーと時間を費やすものだ。
中には無用だと思われる情報も多くあり、それどころか、がん患者につけこんで一儲けを企んだサイトもあるわけで、ただでさえ不安と焦燥の中にいる患者や家族は余計に惑わされたりするかもしれないだろう。

このサイトにリンクされていく関連情報が微力なコンパス(羅針盤)ながらネット情報の海の中で少しでもお役に立てばと願う。

食道がんに関する新聞記事
EDIT  |  14:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。