癌との闘いと医療について - 食道癌闘病記と患者側からの一私見

注目!! 節電対策-エアコンの工夫 new いざという時のために! arrow 防災グッズピックアップ new 原発 & 放射能情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.03/21(Mon)

36. 東日本大震災関連でのお知らせ 

『東北地方太平洋沖地震 被災地におけるがん薬物療法対象患者に対する支援』

2011年3月11日、未曽有の悪夢となった『東日本・巨大地震』の発生から10日が経過し、列島全体が大きく揺れておりますが、皆さまのご無事を祈念しております。
また、被災された方々にはお見舞い申しあげるとともに、不幸にも亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈りいたします。

さて、日本臨床腫瘍学会では、がん薬物療法専門医を中心に、診療可能な医師がいる施設と、受け入れ可能な診療範囲、連絡医師のリストを作成されておられますので以下リンクをご案内いたします。

日本臨床腫瘍学会からのお知らせ
医療提供を申し出ている医師(連絡担当者),施設,対応可能ながん種のリスト(PDFファイル)
ソーラーで充電


食道がんに関する新聞記事
スポンサーサイト

テーマ : ガン治療 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

EDIT  |  00:16 |  がん  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.02/20(Mon)

38. 岡田正彦・新潟大学医学部教授『長生きしたければがん検診は受けるな』 

ずいぶん、久しぶりの投稿になります。

昨年から「原発・放射能情報サイト」の編集にかなりの時間を取られていますが、情報収集する中で「がん治療」にも関わる驚愕の見解を出している医師の記事を見つけましたのでご紹介します。

医師の名は、岡田正彦氏(新潟大学医学部教授)。

『長生きしたければがん検診は受けるな』と単刀直入なタイトルの記事は以下のURLです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31785

ここに書いてあることはあくまでこの先生の見解ですが、個人的には私は賛成しています。

ところで、このブログの主人公が、国立がんセンター東病院で50.4グレイ(=シーベルト)の放射線治療を受けたことは何度か書いてきましたが、局所照射でも周辺臓器が被爆するとわかっていても、当時は何の疑問も持たなかったのが悔しく思い出されます。

放射線の事をいろいろと調べた昨年の原発事故以後だったら、絶対に即手術の治療を選択したと思います。

取り急ぎ、ご参考にして頂きたく久しぶりの記事アップとなりました。

食道がんに関する新聞記事
EDIT  |  06:12 |  がん  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。