癌との闘いと医療について - 食道癌闘病記と患者側からの一私見

注目!! 節電対策-エアコンの工夫 new いざという時のために! arrow 防災グッズピックアップ new 原発 & 放射能情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.02/05(Tue)

10. 食道癌闘病記 

前にブログをアップしてから随分日にちが経ってしまった。

さて、
私のブログの「癌関連リンク」では食道癌闘病記を書いておられる方々のサイトにリンクさせていただいているが、これらのサイトは彼女の食道癌が発覚した一昨年9月からネットを通じて知り得たもので少しでも治療や闘病の参考にしようと毎日のように読ませていただいているものばかりである。
また、ここには、載せていないが他にもとても参考になり日本の医療についてもいろいろと考えさせられる秀逸なブログもいくつかあり、それらは現在も閲覧可能なのだが、残念ながら、ご本人がお亡くなりになっておられ逡巡したあげく掲載を見送らせて頂いたサイトである。

実は、「癌関連リンク」の食道癌闘病記の中にも不幸にして最近お亡くなりになった方々のブログがある。
ブログの最後にご家族の方がその事実を記されるのでわかるのであるが、一方で長い間更新されないままのサイトもあり、いずれにしてもリンクの掲載はリンク切れにならない限りそのままにしておこうと思っている。
それならば、先に書いたリンク掲載していないサイトも載せたいということになるが大変迷っている。
ブログの闘病記は、患者サイドが書くので最新の治療や病院のことなどの真実を知る上で、とても参考になるからできるだけリンク掲載でご紹介したいし、罹患時期が同じことが多いから励ましあったりもできるが、とても辛いこともあることを覚悟しておかなければならないからだ。

そもそも「闘病記」を読みたいと思う方々は、少しでも自らの闘病の参考にしようとする患者さんであったり家族、友人であったりするのだろうが、ブログの場合、著者と読者がほぼ同時期に罹患して共感や共鳴を覚えたり時には励ましあったりしながら闘病生活を送っているケースが多いので不幸な結果に終わったことを知らせる最後のページに出会うことになると誰もが驚愕し、また絶望感に襲われる方もいるのだと思う。
読者は著者とたとえ一度も会っていなくても、またメールやブログの中でも言葉のやりとりをしていなくても同じ病を抱えているというある種の強い同胞意識を抱いているものなので、不幸な現実を知った時の慟哭やいかばかりであろうか。
私自身、彼女が罹患して以来1年と半年ほどの間に3人の食道癌の方々の悲報に彼らのブログで接しているが、その度にしばらくはパソコンの前で呆然としつつ今後の彼女の予後についても不安を覚えていたのを記憶している。
そして、彼女がブログはもちろんパソコンさえいじらないことをいいことに、そうした事実を伝えないのが我ながら情け無いし悲しいと思っている。
お亡くなりになった方に対してもとても失礼だと感じてもいる。
だが、彼女は罹患してからというもののことのほか悲観論者になっているのだ。

・・・なので、結果がわかっていて罹患時期も異なる本の闘病記とは根本的に異なる現在進行型のブログの闘病記の場合、例え不幸な最後で終わろうともしっかりと事実を受け止め、故人のお見送りを心からできなければならないと思っていることから、故人のブログのリンクにはためらいもある。
私だけがこんなに弱いのだろうか。

しかし、食道癌、まさに恐るべし。
再発してからの悪化のスピードには驚くばかりだ。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。
そして、いろいろなアドバイスとなるブログでのメッセージの数々に深く感謝申し上げます。
お陰様で、私の大事な人は今生かされております。
次回は
「術後補助抗癌剤治療」について書きます。

注:このブログで述べられる筆者の意見や提案は、あくまで私たちが患者として体験してきた事やネットや書籍で知り得た事をもとにしているに過ぎないものであることをお断りしておきます。
スポンサーサイト

テーマ : ガン治療 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

EDIT  |  21:30 |  食道癌  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。