癌との闘いと医療について - 食道癌闘病記と患者側からの一私見

注目!! 節電対策-エアコンの工夫 new いざという時のために! arrow 防災グッズピックアップ new 原発 & 放射能情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.06/09(Mon)

14. 突然の別れ 

前回(3/24)から随分日にちが経っていることもあり、また今回の内容が最悪の結果なので、アップするのを一月近くも躊躇していた。

このブログを読んで頂いている方々の中には現在、癌闘病中の方や治療後経過観察の方、またそのご家族の方々もおられると思っているので、結果が悪かったことを知らせるとそうした方々に何らかのマイナスの影響を与えてしまうのではないかと、デリカシーの面から何度も逡巡ししていた上に、私自身、ブログを書くにはなかなか精神的に立ち直れずにいたからだ。

実は、私にとって青天の霹靂ともいうべき突然の事態だったのだが、RURU(私の家人の愛称です)は先月13日早朝、以前書いた不定愁訴でいろいろと相談していた近所の病院で他界した。

4日間程、不調を訴え入院して胸水を抜いてもらうなどの処置をしてもらったが、最後は、静かに息を引き取ったようだ。(私は立ち会うことができなかった。)

表現が伝聞型で、???と思われた方もおられると思うが、
食事障害や術後の不定愁訴が少しも改善しないことに苛立ちを募らせていくばかりの彼女は、昨年11月頃から、私のところからそう遠くはない彼女自身の家で暮らすようになっていて、今年になってからは電話で話す以外では私には会わなくなっていたのだ。

私は小説家でもないのでつまびらかに書くことに多少のためらいを感じるが、やはり私たちのプライベートについて少し触れておかなければならないと思う。

このブログの中で私は彼女のことを家人と称し家内、妻とは呼んでこなかった。
もちろん、世間では家人とは妻のことを意味するのだが、8年間一緒にいたとはいえ入籍した正式な夫婦ではなかったし、ましてや彼女には長年別居してきた夫がいたので、内縁にせよ妻とよぶことにどこかはばかりを感じていたからだ。

9年程前に期せずして知り合った頃、彼女は社会人の息子がいることを打ち明けただけだったし、結婚に失敗したことのある私はその後一緒に住み始めてからも特に彼女と正式な夫婦関係になることも望まず、しかし、それなりに私たちは二人いつも一緒で時には近くに住む私の母や姉とも楽しく過ごし、たくさんの思い出をつくってきた。

ただ、一昨年9月に食道癌が判明してから、生きた心地がしない日々ばかりを経て、治療後の不定愁訴が続く中、彼女自身言っていたことだが、彼女の身体や心は以前とは大きく変わっていったのだといえるかもしれない。
昨年9月頃までは、あれほど死を恐れ何度も泣いていた彼女は、今思うと、そのころから生に対する執着心を失い始め最後の準備に入ることを決意し始めたのだと思う。
結局、11月に、「息子と一緒に居たい」と希望した彼女は自身の家に戻り、静かに療養していたのだった。

結果的に、昨年暮れや今年3月の検査では肺(リンパ)転移が認められたものの、彼女の言う通り異常なしと、私自身は信じていたし急変する直前まで電話で話していたので亡くなってから彼女の息子の話を聞き大変驚いたのだった。

彼女が最後の時を迎えたクリニックは、転移や再発があった場合に備え、様々なケースに対応してくれる病院として考えてあったのにと思うとかえすがえすも残念でならない。
ただ、私がいろいろな治療を勧めたとしても、転移・再発した場合はすでに無治療を決めこんでいた彼女は拒否しただろうが....。

最後は、自らの死をもって何かに償いをしたかのようにも思える彼女の通夜・葬儀には、私は立場上参列できず見送ることができなかった。
(先日、報道されていた歌手の都はるみさんの逆の形ですね。)
一昨年がんセンターでのケモラジがうまくいくと信じていた頃、彼女は、
「一息ついたら、籍のこともちゃんとするから」と言ってくれたが
彼女の癌は、そんなチャンスすら与えてくれはしなかったのだ。
彼女同様に、最初から治療方針や病院の選択など全て任せてくれていた彼女の息子の心遣いで霊安室で二人だけのお別れをさせてはもらえたが.....。

今となっては、癌の為に人生を急に終えることを余儀なくされた彼女の無念さを思うと、ただただ可哀想でたまらない。
同時に、彼女は私を大事にまた幸せにしてくれていたのに、もっと大切にしてあげればよかったと後悔の念も深くある。
私はこの半年彼女と一緒に居ない為不在感は感じていたが、しかし、今は決定的な喪失感が繰り返し襲ってきて、どうしようもなく寂しく辛い日々が続いている。

まだ、しばらくは一人で彼女を思い出し続けていたいと思っている。

PS:

今日は、彼女の四七日(よなのか)にあたる日でもあり、がんばって書いてみましたが、もう、一杯一杯です。
また、書き綴っても良ければもう少し落ち着いてからにします。
応援してくれていた方々も驚かれたと思います。
私の場合、立場から言えば彼女を救えて何ぼの感じでしたから、情けなさで一杯です。
スポンサーサイト

テーマ : ガン治療 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

EDIT  |  10:28 |  食道癌  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

2008.06/17(Tue)

15. 五七日(いつなのか) 

早いもので、昨日は、RURUの五七日(いつなのか)だった。

当然のことながら、私の方には位牌も遺骨もないので心の中でひたすら祈ることしかできない。
先週、彼女の訃報をアップしてから数々のお悔やみと励ましのコメントを頂いた。
皆さん、現役の癌サバイバーやご家族の方々であるが、ご自身のことだけでも大変なのにご心配頂いたり励ましてくださったりして胸が熱くなるのを禁じえなかった。
「何とありがたいことだろう」
「RURUは皆さんとは何もやりとりすることはなかったけれど、皆さん方には間違いなく彼女がこの世に存在したことを認識してもらえており生きていた証となっている」
そう思うことが多少なりとも私にとって慰めとなっている。

また、ケン三郎先生のブログで先生にお悔やみを頂戴した日は、いつもよりアクセスが10倍近くあった。
流石、ブログランキング上位の威力であろうか。
不幸な、かつ私にしてみれば恥ずかしい内容の記事を読んで頂いて恐縮至極なのだが、このブログの存在をそれだけ多くの方々に知って頂いて彼女が食道癌に罹患して以来亡くなるまでのプロセスが少しでも同じ境遇にある方やご家族の方々の参考になってくれればと切に願う。

一昨年から今年にかけてインターネット上にアップしてある食道癌の闘病記のいくつかを訪問することが、日課となっていたが、不幸にして何人かの方々はお亡くなりになりその度に愕然としていた。
しかし、そんな時でもわが家人は何とか癌と折り合いをつけてうまくやっていけるのではと淡い期待を持ち続けていたものだ。

この思いは闘病中常にあったものだ。少なくとも私には・・・。
生存率や治癒率が20%と言われてもその中に彼女は当然入っているのだという根拠の無い思い込み・・・。

その気持ちを今でも引きずっているせいか、彼女の死がまだ信じられないというのが実感なのだ。

今さら言ってもしようがないことなのだが、転移か再発があった場合は、副作用を避けるlow-dose(低用量)での抗癌剤治療の成績が最近いいようなのでそれを処方してもらい少しでも延命させたいと思っていた。しかし、彼女自身が私のもとに居らず転移の事実も知らされなかったので、どうすることもできなかったことが悔やまれてならない。

また、最後を看取り意識のあるうちに別れができなかったことや自分の立場上、骨を拾ってあげることもできなかったことが、その思いに輪をかけて心を虚しくさせているのだろう。

彼女の死後10日間ほど、どうしようもなく苦しくて時々声にならない慟哭が背中から胸を貫くように襲ってきていたことから、ひたすら逃げようと酒ばかり呑んでいた。
二人が過ごした部屋には彼女の影像が今でも私の脳裏に焼きついており、様々な過去の光景を走馬灯のように思い出してしまうのだ。

ほんの二年前は、何事も無く平穏に暮らしていたのが、今は彼女がこの世のどこを捜しても居ないと言う残酷な事実・・・。

先日の秋葉原での残忍な事件や地震で思いもかけない不幸な犠牲になられた方々の事を思うと、癌との闘いの中で自分なりのプロセスを踏んで結果として亡くなるということは、死に方としては最悪なことではないのかもしれないとも思う。
が、いつも当たり前のように傍に居た人が消えてしまう悲しみにくれる残された者にとっての悲痛、悲哀は同じであろう。

十三年前に私の父が亡くなった時の感覚やこれまで親しい親戚、友人が亡くなった時のそれとは明らかに違う初めて味わう息苦しささえ伴う深い悲しみにつきまとわれていて、いつも目にする景色も変わった感じがするのだ。
自分自身も今までとは別人になってしまったように思えてしまうのだ。
長年連れ添った最愛の伴侶を亡くされる方々に言わせれば自分など甘いのかもしれないが・・・。

さて、このブログであるが、彼女が暮れに自分の家に戻ってから彼女の闘病記録を残そうと書き綴ってきたもので、こんなにも早くに彼女がいなくなることを全く想定していなかったせいか、これからどうしたものかと思っていた。
続けることを勧めてくれる人もいるが、身近に患者だった彼女がすでにいないわけで、ましてや医師でもない私がケン三郎先生のようにお仕事上、「毎日が食道癌ブログ」という真似などできようはずもない。

ただ、わずか1年10ヶ月ではあったが食道癌に関しては泥縄式ではあったにせよ猛烈に調べもしたので素人の選択にしては関連リンク先もそれほど外してはいないのではないだろうか。
(ケン三郎先生、監修してくださいな

もし、食道癌に罹患された方やご家族がこの病気に対してあまり知識が無い場合、医師の説明だけでなくネットでも治療法や闘病記など検索されることが多いであろう。この私がそうであったように・・・。

そうすれば、このブログも存続していればそうした方々に読まれる機会もあるわけで、このブログが多少なりともそれなりに時間をかけて情報収集した結果も伴っているとすれば、他の闘病記を書かれている方々と違って私自身が患者本人ではないという面があるにせよ、少しはお役に立てるやもしれないとの希望もあるわけで・・・。

また、この場所は、身近な人にさえ言えない胸のうちを正直に吐露できる場でもあり、鉄人の室川さんやkuwachann、ケン三郎先生たちとも離れがたい気持ちも大いにあるのでしばらく残しておこうと思う。

PS:
というわけで、当分の間は宜しくお願い申し上げます。
EDIT  |  22:51 |  食道癌  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。